ヘッドホン・イヤホンを識る

Bluetoothのコーデックについて

コーデックとは?


Bluetooth伝送においては、 音楽信号を圧縮してBlueoothの電波にのせてヘッドホンに送ります。 ヘッドホン側では、受け取ったデータを音声信号に変換。このときの圧縮および音声信号とデータを変換するやりとりや、変換するアルゴリズムをコーデックと呼びます。
送信側機器で圧縮された音声データが、受信側の機器で展開されて音になる。

コーデックの種類


コーデックは音声データを変換する規則のこと。変換するやりかたはさまざまな種類があり、特長も異なります。 接続する機器によって搭載されているコーデックは異なり、送信側、受信側双方が同じコーデックを搭載しているときのみ、そのコーデックでの通信が可能になる。
例:SBC、AAC、aptX、aptXHD、LDACなど。
サンプリングレート
ビットレート
SBC
Subband Codecの略。BLUETOOTH機器が標準で使用する音声圧縮技術です。BLUETOOTH機器は必ず対応しています。
48kHz/16bit
328kbps
AAC
Advanced Audio Codingの略。主にiPhone等のApple製品で使用されており、SBCに比べ高音質です。
48kHz/16bit
128Kbps
256kbps(可変)
aptX
クアルコム社(旧CSR社)が開発した音声圧縮技術です。Androidスマートフォン等で機種によって使用しているものがあり、CD音質同等の転送が可能です。
48kHz/16bit
384Kbps
aptX HD
CDを超えるリスニング体験を提供するオーディオ転送が可能です。aptXと下位互換性があります。
48kHz/24bit
576kbps
aptX LL
高音質を目的とした上記のコーデックと異なり、低遅延化のためのコーデックです。
48kHz/16bit
352kbps
aptX Adaptive
高音質、低遅延、音途切れの強さを兼ね揃えたコーデックです。
48kHz/24bit
280kbps
420kbps(可変)
LDAC
ハイレゾ音源のような高音質音源もBluetooth経由でもハイレゾ相当の音質で伝送可能とする音声圧縮技術です。
96kHz/24bit
330kbps
660kbps
990kbps
コーデックの例として選定しています。
Next
4
ヘッドホン・イヤホンの特長