ヘッドホン・イヤホンを識る

Bluetoothヘッドホンの種類


完全ワイヤレス

フルワイヤレス、トゥルーワイヤレス、左右独立型とも呼ばれます。 左右のイヤホンを結んでいるケーブルがなく、それぞれが独立しているタイプ。片耳だけで使うことができるモデルもあります。 付属の充電ケースに入れ、充電をするモデルが主流。

左右一体型

セミワイヤレス、ネックバンド型とも呼ばれます。左右のイヤホンがケーブルでつながっているタイプ。 首の後ろにケーブルかけて使用するため、音楽を聴くときの装着感が安定します。使わないときは、イヤホンを首に引っ掛けたままにできるなど便利。コントロールボックスがあるペンダント型も含まれます。

オーバーヘッド型

オーバーヘッド型のヘッドホンからケーブルをなくしたもの。 ワイヤードのヘッドホンと同じく、耳のせ型と耳覆い型があり、大型ドライバーならではの豊かな音を楽しめます。

レシーバー型

有線イヤホン/有線ヘッドホンを接続して使用します。Bluetoothを受信するための通信機能を有したレシーバー。 ヘッドホンアンプとしての機能を強化したものは、ワイヤレスヘッドホンアンプとも呼ばれることもあります。 四角いペンダントの形状をしたものや、 リケーブル対応イヤホンに向けたケーブル状のものなどが存在します。
Next
4
ヘッドホン・イヤホンの特長