ヘッドホン・イヤホンを識る

ノイズキャンセリング・ヒアスルー

ヒアスルーとは?


マイクで取り込んだ周囲の音をヘッドホン・イヤホン自体で再生させることで、ヘッドホン・イヤホンをしたまま周囲の音を聞くことができる機能。 音楽と外の音を同時に再生することで、密閉度を軽減させ、自然な聴感で音楽を楽しむ用途で使われます。また 一部の製品では、再生中の音楽の音量を下げて人の声を中心的に取り込み、公共交通機関のアナウンスや周囲の人の話し声を確認することができる「クイックヒアスルー」という機能もあります。

ノイズキャンセリングとは?


マイクで取り込んだ周囲の環境騒音(乗り物の騒音、エアコンの空調など)の逆の位相の音を出して 騒音を打ち消す技術。周囲がうるさい場所などでの活用事例が多く、電車やバスなどによる通勤や通学、長距離の飛行機での移動 などでよく利用されます。

ノイズキャンセリングの仕組み

ノイズキャンセリングとは、ノイズとなる音の成分に対し逆位相の音を発生させ、 ヘッドホン・イヤホンから出力することでノイズを相殺し、周囲の騒音を低減させるものです。「アクティブノイズキャンセリング」とも呼ばれます。 これに対し、電気的な仕組みを持たず、ヘッドホン・イヤホンを装着することで耳が覆われ、結果的に周囲の音が多少低減できることを「パッシブノイズキャンセリング」と呼びます。
「アクティブノイズキャンセリング」は、ヘッドホン・イヤホンに搭載された 外の音を取り込むためのマイクを活用することで実現しますが、そのマイクのヘッドホン・イヤホンへの設置位置により、2つの方式があります。

フィードバック方式

ハウジングの内側(耳側)にマイクを置き、ハウジング内部に入ってきた周囲の音を収音する方式。ハウジング内部の音楽などの音は消さないように設計されています。耳に近い位置のノイズを収音することができるため、ノイズキャンセルにおいて、より高い効果を発揮することができます。

フィードフォワード方式

ハウジングの外側にマイクがあり、ヘッドホンの外の音を収音する方式。 ハウジング内部の音楽などの音は収音しないため、音楽信号をす必要がなく、ヘッドホンの音質への影響がないというメリットがあります。

ハイブリッド方式

ハウジングの内側と外側、両方にマイクを置き、ハウジングの内部と外部の騒音をより多く収音することができる方式。 フィードバックとフィードフォワードの両方式を使うことで ハイブリッド方式と呼ばれます。
Next
5
スペックを読む