多くの飲み屋が存在する銀座の夜の街で、美味しいお酒といい音楽が聴ける「GINZA MUSIC BAR」。音楽プロデューサー大沢伸一さんと、「TORIBA COFFEE」代表の鳥羽伸博さんがタッグを組み2014年にオープンした名店だ。店には両者がこれまでに辿ってきた音楽の道を知ることができるアナログレコードが並び、ジャンルはジャズ、ロックから映画音楽、エレクトロまでと幅広く、GARRARDのターンテーブル、ALLEN & HEATHのミキサー、そしてTANNOY Westminsterのスピーカーとイギリス製が際立つ音響システムで、アナログレコードの音を再生して聴かせてくれる。また日によっては、アナログレコードの良さを熟知するDJがプレイをすることも。

店内のスピーカー
店内カウンター

現在、店のお酒は各国でバーテンダーとして活躍してきたクレメントさんによるオリジナルカクテルが振る舞われ、ノンアルコールのMOCKTAILS(モクテル)も人気のメニューだとか。「場とお酒の雰囲気を見ながら、そのときに適した音楽をセレクトしています。お客さんがお酒と音楽を通じて、その日を楽しんでもらえたら嬉しいですね。仕事帰りにフラッと1人でいらしゃっる方も多く、バーカウンターの席は常に人気です。週末は遠方から、音楽好きな方たちがいらっしゃっることも多く、また異なった雰囲気で良いです」と、スタッフの平田さん。座り心地の良い椅子もあるので、長居するお客さんも多いとのこと。銀座の夜を音楽で彩る間違いないミュージックバーだ。

GINZA MUSIC BAR 看板

〔 使用機材 〕

ターンテーブル: GARRARD MODEL301
CDプレイヤー: STUDER D730
ミキサー: ALLEN & HEATH xone:v6
スピーカー: Tannoy Westminster
メインパワーアンプ: Unison Research S6
コントローラーアンプ: McIntosh C22
サブパワーアンプ: McIntosh MA7000

GINZA MUSIC BAR

〒104-0061 東京都中央区銀座7-8-13 ブラウンプレイス4F
Tel: 03-3572-3666
OPEN: 17:00 – Late Night
CLOSE: 日・月

HP

Instagram

Words: 吉岡加奈/Kana Yoshioka