DJというものは、大きく「アナログDJ」と「デジタルDJ」に二分されます。前者はアナログレコードを使ってプレイし、後者はデジタル化された楽曲データを使ってプレイするという違いがあります。

昨今ではデジタルDJが主流になりつつあるものの、その温かみのあるサウンドや直感的な操作性に惹かれ、アナログでのDJプレイに興味を持つ人も少なからずいることでしょう。

今回は、アナログレコードでDJをはじめたい人向けに、ターンテーブル選びのポイントを4つご紹介します。

【1】駆動方式をチェック

ターンテーブルの駆動方式は、主に「ベルトドライブ方式」と「ダイレクトドライブ方式」の2種類に分けられます。

ベルトドライブ方式では、モーターとプラッター(ターンテーブルの回転部分)をゴム製のベルトでつないで回転させます。ダイレクトドライブ方式の場合は、プラッターの軸がフォノモーターの軸と同一になって回転します。

DJ用として使う場合には、比較的耐久度に優れる傾向があるダイレクトドライブ方式がおすすめです。

ベルトドライブ方式はダイレクトドライブ方式と比べると安価であるため、手軽にレコードを聴きたい場合には最適です。ただし、耐久性に関してはダイレクトドライブ方式に劣るため、激しい動きが伴うDJプレイには不向きです。また、操作性の面でもダイレクトドライブ方式に軍配が上がります。

DJプレイを目的としてターンテーブルを選ぶ場合は、シンプルな構造で故障しにくいダイレクトドライブ方式を選ぶようにしましょう。

【2】トルク数をチェック

トルクとは、ターンテーブルが回転する力のこと。

その値は「○○k/cm」のように表記され、トルク数が高いほどレコードが一定の回転速度になるまでの時間が短くなります。

トルク数はDJプレイと大きく関係しています。トルク数の値が高いほうが曲の頭出しから立ち上がりまでのタイムロスが少なく、ミキシングやスクラッチがしやすいとされています。

トルク数に着目してターンテーブルを選ぶ際は、1.6kgf/cm以上のものをおすすめします。

【3】ピッチコントローラーの有無をチェック

ピッチコントローラーとは、レコードの再生速度、曲のテンポを調整するための機能を指します。プラッターの回転数を微調整するものであり、こちらを操作してつなげる曲同士のテンポ(スピード)を合わせて自然に次の曲につなげます。バラバラになっている曲のテンポをそろえることができます。

ピッチコントローラーの有無

なお、リスニング用のターンテーブルにはピッチコントローラーがついていない場合もあり、こちらはジャンルによってはDJ用として使うのが難しいため注意が必要です。また、仮についていたとしても、微調整ができないケースも考えられます。

DJプレイを目的としてターンテーブルを選ぶ場合は、変更幅が広いピッチコントローラーが搭載されたものを選ぶようにしましょう。なお、標準的な変更幅は±8~10%前後です。加えて、スライダー式のピッチコントローラーを搭載しているものがおすすめです。

【4】トーンアームの形状をチェック

トーンアームとは、先端にカートリッジ(針)がついた棒状の部品のこと。こちらをレコードへと落とし、溝(音溝)の振動をキャッチして電気信号へと変換します。

トーンアームには様々な形状があり、代表的なものとしては「S字アーム」と「J字アーム」と「ストレートアーム」の3つが挙げられます。

S字アームはトレース性能に優れており、音溝に刻まれた情報を忠実に再現できる点が大きな特徴です。現場に設置されている機材もS字アームの場合が多いため、これからDJを始める方はこちらに慣れておくことをおすすめします。

S字アーム

一方、ストレートアームは針飛び(盤面の傷や振動などによって針が跳ね、再生が途切れてしまうこと)が起きにくいことが特徴として挙げられます。

音質にこだわりたい場合はトレース性能に優れたS字アームを、スクラッチを多用したい場合は安定性に優れたストレートアームを選ぶとよいでしょう。

まとめ

アナログレコードの特徴は、やはり「音の温かみ」と「リアルさ」であると言えます。DJプレイにおいては、大きなジャケットからレコードを出すしぐさや、レコードをスクラッチして出す音にも個性が出ます。その温もりはきっとオーディエンスにも伝わることでしょう。当記事を参考にして、あなたにぴったりのターンテーブルを見つけていただければと思います。