80歳にして未だ世界中を飛び回り精力的に活躍する、現役カリプソ*歌手”カリプソ・ローズ”の苦悩と栄光の人生を描いたドキュメンタリー映画『カリプソ・ローズ』の日本初公開が決定した。

2019年、世界最大級の音楽フェス<コーチェラ・フェスティバル>の舞台に、79歳目前にして立った“カリプソの女王”カリプソ・ローズ。母国トリニダード・トバゴが誇る国民的シンガーだ。1960年代には、ボブ・マーリー&ザ・ウェイラーズと全米ツアーで共演。そしてフランスを代表するスーパースター、マヌ・チャオとも共演し、共作アルバムである『FAR FROM FAR』では、フランスのグラミー賞に相当する“Victoires de la Musique”で2016年ベスト・アルバム賞(WORLD MUSIC部門)を受賞した。

“カリプソ・キング”マイティー・スパローとの貴重なライブ映像も

彼女の魅力は、800曲以上に及ぶ楽曲はもちろんのこと、優して力強い歌声とチャーミングな笑顔。そして多くの人びとを勇気づけてきた、実体験にも基づいた性差別や人種差別などの社会問題に真正面から向き合った歌詞。

本映画『カリプソ・ローズ』は、波乱の人生を生き、現在も世界中を飛び回り精力的に活躍する彼女の、明かされることのなかった衝撃の人生を描いている。里子、闘病、女性差別、性的暴行……自身の口から語られる人生の苦難。それを乗り越え築き上げた数々の功労と地位。そして奴隷として連れてこられた祖母の故郷、ベナンを訪れるアフリカの地への回帰。単なる音楽映画にとどまらない、人生そのものを考えさせられる人間味溢れる映画に仕上がっている。もちろんカリプソファンには垂涎の、“カリプソ・キング”マイティー・スパローとの貴重なライブ映像等も収録。

本作を通して、彼女の力強い人生と音楽に触れてほしい。

*“カリプソ”とは:カリブ海最南端の国トリニダード・トバゴで生まれた大衆音楽。カリブ圏内においては最も波及した音楽の一つであり、レゲエルーツの一つであるとも言われている。

INFORMATION

『カリプソ・ローズ』


2021年4月23日(土)アップリンク吉祥寺公開決定!
アップリンク京都等、全国順次公開

監督・脚本:パスカル・オボロ
出演:カリプソ・ローズ、マイティー・スパロー、キム・ジョンソン 他
配給:LIME Records PR:KONTACTO EAST, LTD
原題:LIONESS OF THE JUNGLE
© Maturity Music / Dynamo Productions / TTFC 2011年
トリニダード・トバゴ、フランス/英語/カラー約85分/16:9
◉プレミアム先行試写会3月下旬~4月上旬開催予定 後日公式サイトにて発表!
詳細はこちら