鬼才スクエアプッシャー(SQUAREPUSHER)による衝撃的デビュー・アルバムにして、その後の音楽シーンに多大なる影響を与えた大名盤『Feed Me Weird Things』。リリースからちょうど25年目にあたる6月4日(金)に待望の再発が決定した。サブスク/デジタルも同時解禁! そして、発表に合わせて“Theme From Ernest Borgnine”が公開された。

スクエアプッシャー『Feed Me Weird Things』が再発決定!

本作は1996年にエイフェックス・ツイン(Aphex Twin)ことリチャード・D・ジェイムスによるレーベル「Rephlex」よりリリースされ、10年以上もの期間、CDやLPはもちろん、ストリーミングやダウンロード配信もされていなかった作品だ。スクエアプッシャー本人が監修した今回のリイシュー盤の音源は、オリジナルのDATからリマスターされている。同時期にリリースされたEP作品『Squarepusher Plays…』のBサイドに収録された2曲“Theme From Goodbye Renaldo”と“Deep Fried Pizza”も収録。16ページの拡大版ブックレットでは、制作当時を振り返るセルフライナーノーツや、使用機材の情報を含む本人による各曲解説、当時の貴重な写真やメモが掲載され、キャリア初期の背景を解き明かす内容となっている。

紙ジャケ仕様の国内盤CDは、高音質UHQCD(全てのCDプレーヤーで再生可能)となり、ブックレット訳とリチャード・D・ジェイムスによる寄稿文の対訳、そして解説書を封入。また数量限定のTシャツセットも発売され、輸入盤LPには、ブラック・ヴァイナル仕様の通常盤に加えて、クリア・ヴァイナル仕様の限定盤も発売される。

music210423_squarepusher_1

2020年リリースの最新アルバム『Be Up A Hello』では、90年代の機材を多用したという点も注目を集めた彼だが、若干19歳の時に作った楽曲も収録されている『Feed Me Weird Things』を聴けば、当時の初期衝動が今もなお彼を突き動かし、常に型破りな作品を生み出し続けていることが理解できるはずだ。まだ聴いたことがないという方はぜひご一聴を。

スクエアプッシャーは、フルートという楽器を使わずに、フルートに開いた穴だけでどんな音が鳴らせるかと考える人物だ。過去に一度も鳴ったことのない音を出すため、リチャード・ロジャーズとジュリー・アンドリュースは「サウンド・オブ・ミュージック」すなわち音楽の響きをもたらし、ジョン・ケージやサイモン&ガーファンクルは(「4分33秒」や「サウンド・オブ・サイレンス」で)静寂の響きをもたらし、そして今、スクエアプッシャーは “サウンド・オブ・サウンド” つまり “音による響き” を我々にもたらす。ーRichard.D.Jams※
※リチャード・D・ジェイムス (アートワークに掲載された原文まま)

RELEASE INFORMATION

『FEED ME WEIRD THINGS』


2021年6月4日(金)Squarepusher/label:Warp
tracklist:
01.Squarepusher Theme
02.Tundra
03 The Swifty
04.Dimotane Co
05.Smedleys Melody
06.Windscale 2
07.North Circular
08.Goodnight Jade
09.Theme From Ernest Borgnine
10.U.F.O.’s Over Leytonstone
11.Kodack
12.Future Gibbon
13.Theme from Goodbye Renaldo
14.Deep Fried Pizza

TOWER RECORDS
日本盤CD
輸入盤CD
輸入盤2LP+輸入盤10”
限定輸入盤2LP+輸入盤10”

Amazon
日本盤CD
輸入盤CD
輸入盤LP

詳細はこちら