今年デビュー30周年を迎えるバンド、フィッシュマンズのドキュメンタリー映画『映画:フィッシュマンズ』が、7月9日(金)より新宿バルト9、渋谷シネクイント、アップリンク吉祥寺、池袋シネマ・ロサほかにて公開される。この度ポスター&ティザー映像が解禁。豪華なキャスト陣も発表された。

『映画:フィッシュマンズ』のポスター&ティザー予告が解禁

今回公開されたポスターは、ボーカル・佐藤伸治がステージ上で熱唱している姿が印象的だ。ティザー映像は、代表曲の一つ“ナイトクルージング”に乗せながら、フィッシュマンズの佐藤伸治、茂木欣一、柏原譲のメンバー3人が浜辺で戯れあう写真で構成されており、生き生きしたそれぞれの表情が期待を高める。最後、日比谷野外音楽堂で語られる茂木欣一の言葉まで、目が離せない映像となっている。

Fishmans

UA、ハナレグミ、原田郁子、ZAKらの出演が発表に

本作は、2019年2月の「闘魂2019」のリハーサルから撮影を開始し、明治学院大学ソング・ライツ部室、渋谷La.mama、渋谷クラブクアトロ、三軒茶屋クロスロードスタジオ、VIVID SOUND STUDIO、日比谷野外音楽堂などメンバーのゆかりの地を訪れ、インタビューを敢行。

今まで多くを語ることがなかった現・旧メンバーがカメラの前で当時の事を振り返り、貴重な話がライブシーンとともに織り交ぜられる。さらにUA、ハナレグミ、原田郁子、ZAKなどが出演することも発表されている。監督は、近年「般若」の音楽ドキュメンタリー映画『その男、東京につき』で撮影監督を務めた手嶋悠貴。本作にて、長編映画デビューを果たした。劇場公開をお楽しみに!

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Fishmans

Photo Credit:©2021 THE FISHMANS MOVIE

INFORMATION

『映画:フィッシュマンズ』

Fishmans

7月9日(金)より新宿バルト9、渋谷シネクイントほかにて公開
佐藤伸治
茂木欣一 小嶋謙介 柏原譲 HAKASE-SUN
HONZI 関口“dARTs”道生 木暮晋也 小宮山聖 ZAK
UA ハナレグミ YO-KING(真心ブラザーズ)
原田郁子(クラムボン) こだま和文

監督:手嶋悠貴 企画・製作:坂井利帆
配給:ACTV JAPAN/イハフィルムズ
2021/日本/カラー/16:9/5.1ch/172分                 
©2021 THE FISHMANS MOVIE

【あらすじ】
90年代の東京に、ただ純粋に音楽を追い求めた青年たちがいた。彼らの名前は、フィッシュマンズ。
プライベートスタジオで制作された世田谷三部作、ライブ盤「98.12.28 男達の別れ」をはじめ、
その作品は今も国内外で高く評価されている。
だが、その道のりは平坦ではなかった。セールスの不調。レコード会社移籍。相次ぐメンバー脱退。
1999年、ボーカリスト佐藤伸治の突然の死……。
ひとり残された茂木欣一は、バンドを解散せずに佐藤の楽曲を鳴らし続ける道を選ぶ。
その想いに仲間たちが共鳴し、活動再開。
そして2019 年、佐藤が世を去ってから20年目の春、フィッシュマンズはある特別な覚悟を持ってステージへと向かう――。
過去の映像と現在のライブ映像、佐藤が遺した言葉とメンバー・関係者の証言をつなぎ、
デビュー30周年を迎えたフィッシュマンズの軌跡をたどる。
詳細はこちら