レコードで音楽を聴くということ

1 レコードで音楽を聴くということ。
何が良くてなぜそれを選ぶのか?

レコードははじめて聴いた時、
なんて再生時間が短いんだ、と驚いた記憶があります。
つまり、すぐ止まる、すぐひっくり返したり入れ替えたり手間がかかる訳です。
言い換えると、自動再生のPCより、レコードは回り続けていることを意識している。
そこが好きです。
わざわざ回している、そうまでもして聴いている、音楽を意識している。
時間がとても贅沢に感じられるから、好きです。

2 Bluetooth対応のターンテーブルの可能性。

とにかく簡単に導入できる印象。
ビギナーだとどうしても詳しくないので、
スピーカーを繋いだり、環境を整えることの敷居が高い印象ですが
Bluetoothは手持ちのスピーカーで楽しめるので
これからはレコードを買うという選択も増えていくのかもしれません。

デジタルリリースが主流になりつつある最近ですが、
デザイナーとしてはレコードが広まっていけば、
パッケージデザインも楽しくなりそうだなと密かに期待します。

ターンテーブルをデザインするとしたら

3 アートディレクションやグラフィックデザインなどの視点から、例えばターンテーブルをデザインするとしたらどの様なものになりますか?

スリップマットで何かできそうでワクワクします。
回転することで展開があるデザインなんかも面白そうです。
あとは見たことがないような質感と色など。
かわいいアクリルの色味を組み合わせて
インテリアオブジェになる様なターンテーブルも見てみたいです。

4 あなたが選ぶレコードで聴きたい一枚。

Coconut Records – West Coast

丸井元子(MOTTY)

アートディレクター、グラフィックデザイナー

丸井元子(MOTTY) アートディレクター、グラフィックデザイナー

大分県出身、東京を拠点にCDジャケット、広告デザイン、国内外のブランドとのコラボレーションワークなどを中心に活動中。

デザインスタジオRALPH(現YAR)より2014年独立。
中毒性のある色使い、エッジーでシュールな表現を得意とし、
音楽、ファッション、カルチャーを軸にビジュアル表現を行う。

広告、ロゴ、パッケージ、CDジャケット、カタログ、グッズデザイン、映像監修、
海外ファッション誌への作品提供、コラムの執筆など、独自の目線で幅広く活動中。

・2013年日テレ特番「美ZINE」にてグラフィックデザイナーとして出演。
・2014年ソチ冬季オリンピックスノーボードにて、YONEXボードへグラフィック提供。
・2015年渋谷CARBONにて、個展“REMEINING SELF”を開催。
 NYLON JAPAN、WARPmagazine等で取り上げられる。
・2015年 アーティストグッズのキュレーションサイト“Paragy”よりオリジナルグッズを発売開始。
・2016年中目黒Kit and Aceにて、個展“THE WALL”を開催。

HP

instagram

AT-LP60XBT_GBK

ワイヤレスで自由に聴けるレコードリスニング

AT-LP60XBT_GBK

¥21,868

商品の詳細を見る

MOTTY
TASOGALE 01
TASOGARE 02

Words: Yudai Tanaka
Photos: Haruki Kodama