記憶に残る体験創出とアナログサウンドの探求を目的に始まった、Audio-Technica発のグローバル・プロジェクトAnalogue Foundationから「DJによる1時間という時間的制約内でのストーリーテリング」をコンセプトにしたOne hour mixtapeシリーズがスタートする。

Mix cloud

ローンチにあたり、カセットテープに触れたことのない20代のDJから、90年代のmixtapeカルチャーをリアルタイムに体験した50代のDJまで、異なる世代で東京のストリート/ダンスミュージックシーンを代表する5人(DJ KENSEI、YOPPI、IMAZATO、DJ KOGA、Ren Yokoi)のDJミックスをカセットテープで作成。12月1日より、 mixtapeカルチャーと関係の深い下記3店舗にて各10セット限定で先着順に贈呈する。

Face records 渋谷 宇田川町店

2020年12月1日より5,000円以上お買い上げの方先着10名様へ
詳細はコチラ

Face records 渋谷 宮下パーク店

2020年12月1日より5,000円以上お買い上げの方先着10名様へ
詳細はコチラ

Hombre Niño (オンブレ・ニーニョ)
オフィシャル オンラインショップ

2020年12月1日より15,000円以上お買い上げの方先着10名様へ
詳細はコチラ

Analogue Foundationについて

アナログという共通の価値観で繋がった、日本の音響機器ブランドAudio-TechnicaとDʼAngeloやErykah Baduのエンジニア/プロデューサーとして有名なグラミー受賞サウンドエンジニアRussell Elevado、そしてPatti SmithやJean-Luc Godardとのコラボレーション作品で知られるサウンドアートユニットSoundwalk Collectiveによって2016年に結成。これまでに、FabricのミュージックディレクターCraig Richards主催の<Houghton Festival>への参加や、ハイファイアナログサウンドシステムを取り入れたロンドンでのポップアップイベント<Giant Steps>を開催した。また、南米アマゾンと、コンクリートジャングルNYタイムズスクエアの9ブロックを音で繋げるプロジェクト<Jungle-ized>への参加や、英国王室御用達スーツケースブランドGlobe Trotterとのコラボレーション「Listening Station」、British Councilと共に英国とケニアとウガンダの若手アーティストへの音楽制作ワークショップESPをサポートする等、世界中様々な場所でアートと音楽の分野を中心に活動している。
Website

One hour mixtape 参加DJ

DJ KENSEI
東京都出身。80年代半ばよりDJをはじめる。同時に制作活動も開始、都内のクラブでオープニングDJやレジデントDJを経験する。89年に渡英。92年に渡豪。現地でDJ活動を行う。MIXCD/ANALOG/TAPEを多数リリースし、リミキサー、プロデューサー、レコーディング・アーティストとして多岐にわたる活動をしている。

YOPPI
東京都世田谷区出身。東京のストリートシーンを牽引し続ける中心人物。1994年から「ヘクティク」のディレクターとして活躍。現在もT-19所属のスケーターとして活躍する等、趣味と仕事を共存している希有な存在。2012年からはHombre Niño(オンブレ・ニーニョ)を発足。2015年よりXLARGEの新しいライン「PLUS L byXLARGE」のディレクターも務める。

IMAZATO
東京都世田谷区出身。ハードコアバンド、STRUGGLE FOR PRIDEのフロントマン。DJ HOLIDAYとしても活動。スケートや音楽等、東京を拠点にさまざまなストリートカルチャーのオリジネイター。2018年には『WE STRUGGLE FOR ALL OUR PRIDE.』をリリース。2020年にはDJ HOLIDAY として、TROJANよりオフィシャルMixCD 『FLIPPING MANY BIRDS』をリリースした。

DJ KOGA
岩手県盛岡市出身。盛岡のDJ BAR DAIにてDJを始め、2000年代初期は活動拠点をニューヨークアンダーグラウンドに置き、Jazzy Sport Brooklynのメンバーとして活動。A.P.TNYCをはじめとした様々なクラブにDJとして身を置き濃密な音楽体験を重ねる。帰国後は東北や北海道、香港等の遠征で活動の幅を広げ、現在は拠点である東京に位置するAoyama OATH-Tunnelの週末レジデントDJを2012年から現在に至るまで務める。プレイスタイルはハウス、テクノを軸にニューディスコやノイズ、オブスキュアなファンクやジャズまで。エッジのある音楽を愛し、ひとつの形式に囚われないクロスオーバーを基本姿勢に常に新しい音楽体験を追求する。

Ren Yokoi
1992年東京都出身。10代でボストンへ留学し、そこでDJとしてのキャリアをスタートさせる。帰国後、2014年に都内主要クラブへの登壇を果たし、その評価から、「Contact」の第1と第3月曜日に開催されているレジェンドパーティ<World Connection>のレギュラーに抜擢。また感度の高い一部メディアの注目を密かに集めているプロダクションワークは、某ラッパーへの楽曲提供、アパレルブランド「99%IS」によるランウェイの映像音楽などを手がけ、DJとしてのみならず様々な分野で活躍している。