代官山蔦屋書店にある「代官山Session:」のギャラリースペースにて、Rough Trade Recordsの歴史と今を楽しめる特別展示<Alone,Together Rough Trade Records The Ultimate Outsiders Label>が開催中だ。

1976年、ジェフ・トラヴィスがロンドンに「Rough Trade Record Shop」をオープンし、その後UKを代表するインディー・レーベルへと発展を遂げたRough Trade Records。ザ・スミス、ザ・リバティーンズ、アズテック・カメラ、ザ・レインコーツ等、ユニークなアーティストを次々と輩出してきた。

ここ30年はジェフとジャネット・リーによって運営されており、近年では、女性4人組のガレージロックバンド、ゴート・ガール(Goat Girl)や、大注目若手バンドであるブラック・ミディ(black midi)に加え、爆音&血糊にまみれたライブパフォーマンスでも話題のスタークローラー(Starcrawler)といった新人アーティストを発掘。今もなおシーンを牽引し続けている。

また、Rough TradeはAudio-Technicaとも縁が深く、現地ショップではAudio-Technicaのターンテーブル等も取り扱っている。

Rough Tradeの歴史と今を楽しめる特別展示を開催

今回は、「Alone,Together Rough Trade Records The Ultimate Outsiders Label」と題し、代官山蔦屋書店の音楽フロアにある代官山Session:ギャラリースペースにて、くつろぎながらRough Tradeの歴史と今を楽しめる特別展示を開催。ジェフが選んだ過去の名盤と、本人による解説の展示、Rough Tradeのロゴ・Tシャツ、パーカー、直輸入した新作トート・バックや、マグ・カップが販売される他、BEATINKオフィシャル・サイトのみで販売され即完売となっていたオリジナル・ハンドメイド・マスクの再販売も行われる。


その他にも、本国UKのオフィスから送られてきたポスターや、バンドのツアー・スケジュール等レアなアイテムの展示も。

併設のカフェ・スペースでは、今回の為にRough Tradeのスタッフが厳選したドリンク(ビール/ジン/モヒート等)をご用意。オーダーした方にはRough Tradeロゴ・コースターがプレゼントされる。

本展示に寄せたジェフ・トラヴィス、ジャネット・リーのコメントは以下の通りだ。

私たちの狙いは、素晴らしい音楽を人々に届けるということ。過去に手がけたアーティストには、ザ・スミス、ザ・ストロークス、ザ・リバティーンズ、スフィアン・スティーヴンス、アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ、アーケイド・ファイア、アーサー・ラッセル、ザ・レインコーツ、ザ・フォール、その他多数が挙げられます。私たちは毎日音楽を聴いてリサーチしており、ミュージシャンの創造性の第一線で働くことに喜びを感じています。不思議に思うかもしれませんが、最高の音楽はまだこれから出てくると私たちは考えています。

ジェフ・トラヴィス/ジャネット・リー

INFORMATION

Alone, Together Rough Trade Records The Ultimate Outsiders Label

開催期間:2020年10月21日(水)〜11月19日(木)
場所:代官山蔦屋書店3号館 2F音楽フロア 代官山Session:

詳細はこちら