ジャイルス・ピーターソンとインコグニートのブルーイによる新プロジェクト、ストラータ(STR4TA)が初となるアルバム『Aspects』を3月26日(金)にリリース。アルバムの先行配信曲となる新曲“Rhythm In Your Mind”が公開された。

ジャイルス・ピーターソンとブルーイによる新プロジェクト・ストラータ(STR4TA)

昨年、詳細な情報がないままリリースされた楽曲“Aspects”の12インチが即完し、現行ジャズシーンの重要人物モーゼス・ボイド、KEXPやKCRW、そして伝説のDJ・フランソワ K他、多くのDJや音楽ファンの間で話題となったストラータ。そんな謎に包まれていた新プロジェクトがこの度、ジャイルス・ピーターソンとインコグニートのブルーイによるものだということが明らかになった。二人は、ストラータにおいて80年代初頭の自由で変幻自在なブリットファンク・シーンのエネルギーを現代によみがえらせ、ジャズ〜フュージョンの進化型を提示している。

長年の友人でコラボレーターでもある彼らは、共に過ごしたその形成期から新しい音楽の可能性を掘り起こすことに挑戦し、DIYの精神、ライブ・パフォーマンスで培われたセンスと力強い表現力へと再び立ち返っている。今回リリースされたアルバム『Aspects』は70〜80年代のジャズ・ファンク・グループが生み出したサウンドにフレッシュなエネルギーを注ぎ込み、ブルーイとピーターソンが実に10年以上ぶりに手を組んで完成した作品だ。

作曲とレコーディングの両方で二人はともに制作し、ブリット・ファンクのキラー・サウンドを生み出す、より素朴な地点から始めている。ジャイルスは、キラリと光る瞬間のある印象深いレコードを掘り起こし、ブルーイはそれらのアイデアから新たな方向性を築き上げた。

二人からのコメントも届いている。

背後で口を出しながらね。いや、そのままでいい! そこで切ってしまえ!! ファーストテイクを使おう!!! とか言って
– Gilles Peterson
音楽をやる人ならみんな同じだと思うが、僕らも自分のヒーローたちの真似をしようとした。
でも僕らにはツールがなかった。音楽を勉強したことがなかったから、僕らはみんな耳で覚えて演奏し、好きなレコードから気に入ったところを取り出していたんだ。
– Jean-Paul ‘Bluey’ Maunick

ストラータのデビュー・アルバム『Aspects』は、2021年3月26日に国内盤CD、輸入盤CD/LPでリリースされ、国内盤CDにはボーナストラック、歌詞対訳と解説が封入される。初期ジャズ・ファンクのサウンドとジャズ・フュージョンの進化を提示する盟友による今作を、ぜひチェックしてほしい。

INFORMATION

STR4TA『Aspects』


2021年3月26日(金)
Lavels:
Brownswood Recordings
Tracklist:
01. Aspects
02. Rhythm In Your Mind
03. Dance Desire
04. We Like It
05. Steppers Crusade
06. After The Rain
07. Give In To What Is Real
08. Kinshasa FC
09. Vision 9
10. Aspects (Demus Dub) [Bonus Track]

詳細はこちら