マルチインストゥルメンタリストで、ボーカリスト/プロデューサーとして活躍しているジョーダン・ラカイが、今年20周年を迎えた人気コンピレーションシリーズ『Late Night Tales』に登場。エクスクルーシブとしてジェフ・バックリーの“Lover, You Should’ve Come Home”カバーも収録された本作が4月9日(金)にリリースされる。

エクスクルーシブにはレディオヘッドのカバーも

ジョーダン・ラカイが手がけた本作は、レーベルメイトのフィンクによるオープニング曲に続き、親友のアルファ・ミストの楽曲“Mulago”という選曲でスタート。“Count A Heart”では、オーストラリアのブリスベンにある同じストリートで育ったというモートンとのコラボレーションが実現した。厳選された楽曲のゴージャスな配列を通して、ジャズとヒップホップを駆使した独自のサウンドがスムーズに刻み込まれている。

そして本シリーズの名物であるエクスクルーシブ・カバーとして、ジョーダンはジェフ・バックリーの“Lover, You Should’ve Come Home”を披露。CDでは、ジェフ・バックリーの“Lover, You Should’ve Come Home”がレディオヘッドの“Codex”へと繋がるバージョンも聴くことができる。

最後には、映画監督アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥによるスペイン語のスポークン・ワード曲も収録。さらに、C・ダンカンの“He Came from the Sun”やオゾ・レオンの“Virtual U”、ビル・ローレンスの“Singularity”など、不思議な世界へと誘う18曲がコンパイルされた。

本作は、全曲解説対訳が封入された国内流通仕様盤CD、輸入盤CD/LPに加え、世界限定3,000枚の限定輸入盤LP、デジタルでのリリースとなる。ジョーダンのコメントも到着しているので、是非チェックしてほしい。

このミックスでは、できる限りの多く、自分が知っている人を紹介したかった。自分にとって『Late Night Tales』とは、リラックスできる瞬間を集めて蒸留する作業だった。リラクゼーションを目的としたコンセプチュアルな音をね。だから、そういった広がりのある作品を作っているコラボレーターや友人たちのことを考えたんだ。それに、自分の友人の作品を世界に広めようとしていたんだ。クルアンビンがシリーズに出演して有名になった話は知っているよ(実際のところ、自分もそうやって彼らを知ったんだ)。だから、雰囲気を出しつつも、お気に入りのコラボレーターや友人の曲を世界に向けて少しでも紹介したいというのがアイデアだった。気に入ってくれると嬉しいよ。

Jordan Rakei

INFORMATION

『Late Night Tales:Jordan Rakei』


2021.04.09(金)
Jordan Rakei
label:Late Night Tales
Tracklist:
1. Fink – Covering Your Tracks
2. Alfa Mist – Mulago
3. Charlotte Day Wilson – Mountains
4. Moreton feat. Jordan Rakei – Count A Heart (Exclusive track)
5. Puma Blue – Untitled 2
6. Connan Mockasin – Momo’s
7. C Duncan – He Came From The Sun
8. Oso Leone – Virtual U
9. Joe Armon-Jones – Idiom Ft. Oscar Jerome
10. Snowpoet – Eviternity
11. MARO – Forever & Always
12. Homay Schmitz – Speak Up
13. Bill Laurance – Singularity
14. Jordan Rakei – Lover, You Should’ve Come Over(Exclusive Jeff Buckley cover version)
15. Jordan Rakei – Codex (Exclusive Radiohead cover version)
16. Cubicolor – Counterpart
17. Jordan Rakei – Imagination (Exclusive new track)
18. Alejandro González Iñárritu – Imagination (Exclusive spoken word piece)

詳細はこちら